セミが羽化して旅立ちました。

玄関先で見つけたセミの幼虫。

カーテンにくっつけていると、その日のうちに羽化し始めました。

①〜⑤までは、1時間ほどのできごとでした。

翌日、目を覚ますと真っ黒な姿に。

もう立派なクマゼミです。(たぶん、クマゼミ…。)

「飛びたい時に飛んで行くからそっとしときなさい。」

そんな母の教え?に従い、そのままにしておきました。

数時間後、勢いのある羽音が聞こえ出したので窓を開けてあげると、庭の柿の木に向かって飛んで行きました。

私も息子も初めてセミの羽化を見ました。

虫が苦手な私は、終始

「キモいキモいっ。」

と言いながら見ていたけれど、自分の殻を脱ぎ捨てて飛び立つ姿は感慨深いものがありました。

今年の夏も、あの柿の木から盛大な大合唱が聞こえてきそうです。

- こぼれ話 -

「セミの寿命は1週間」と言われていますが、屋外では1カ月ほど生きるそうです。

詳しくはWikipediaへ。

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る