金武鍾乳洞→GODAC→海!!part1

今日は宣言どおり名護市の
GODAC(国際海洋環境情報センター)に行ってきました!

と、その前に。

金武の鍾乳洞に寄ったのでそちらも。
金武の鍾乳洞「日秀洞」は
金武観音寺の境内にあります。

こちらの「金武観音寺」は金武町の重要文化財にも指定されている、とても貴重な建造物です。

ちなみに「金武」と書いて、
「きん」と読みます。

Q,では「保栄茂」はなんと読むでしょう?
答えは記事の最後に。

金武観音寺 沖縄

金武観音寺(きんかんのんじ)は、沖縄県国頭郡金武町にある高野山真言宗の寺院。山号は「金峯山」。本尊は聖観音。寺社建造物の多くが太平洋戦争で消失した沖縄県下で、戦前の古い建築様式が残る貴重な木造建造物である。
出典: wikipedia

では、いざ鍾乳洞へ。

金武 鍾乳洞
入り口。急な階段が奥まで続いています。

もうね、ここだけ空気が違う感じで
中に入るのはかなり勇気が必要です。
私も一人だったら入れなかったかも。

それに、手すりはありますが足場も悪く薄暗いので、あまりオススメできません。

中は数カ所に拝所があり、鍾乳石の案内看板も立っています。下まで降りると少し開けた空間が。
残念ながら奥の入口は格子で塞がれて進む事ができませんが、自然の造形に圧倒されました。

そして、写真を撮るのも躊躇するぐらい「聖域」感がハンパなかったです。
ということで中の写真はナシで!!

と、みなさんの好奇心をちょっと煽ってみることにします。

ぜひ行ってみてくださいね(^-^)

さて、いよいよ本日の目的地
GODAC(国際海洋環境情報センター)へ。

長くなりそうなので、
記事を分けます!

金武の鍾乳洞→GODAC→海part2へ。
クイズの答えもpart2へ。

金武観音寺
〒904-1201 沖縄県国頭郡金武町金武222 TEL:098-968-8581

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る