マミートーク???

みなさん、これご存知ですか?

つい先日、リサイクルショップで発見。
商品タグには

「パズルセット パーツ未確認です。現状販売 1000円! 」

と書かれていました。
まぁ、つまりジャンク扱いですよね。
そもそもマミートークってなんだ?
そして、製造元は大韓民国。

英語教材なのに大韓民国。ぅーむ…。
とりあえず、その場でググってみると
なかなか怪しい記事が出るわ出るわ。

なるほど、倒産品なんですね。
販売元がちょっと問題起こして、会社と共に葬られてしまった。

けど、商品自体は良い物らしく今でもヤフオクなどで取引されていると…。
しかもつるの剛士さんがCMしていたと…。

よし買おう!!

という事で買いましたー( ̄∇ ̄)
1000円ならちょっとはギャンブルしても良いでしょう。

家に帰って子供と開封!


パズル良好!29-45ピースのがたぶん24箱!木枠も付いてて完璧!


木のパズルも6箱。たぶん未使用。


この箱は紙の枠のみ。カビ臭い。


そしてタッチペン。
パズルの絵をタッチすると英語で単語を教えてくれたり、歌を歌ったりするのだそう。

あ、、、使えない。

充電器に立てたままだと起動するのに、抜くと切れる。リチウムイオンが寿命なのかな…。

USBコードを挿してみたけど反応しない。

そもそもネットで拾った説明書にはこのUSB端子の説明がない。
いったい何に使うんだ?

“パズルだけじゃ意味がないし、かといってペンだけでも意味がない。
このペンとパズルがセットだからこそこの商品は価値がある。”

ってどこかに書いてあったなぁ…

だけど、1000円ならあの大量の紙パズルとほぼ新品の木のパズルだけでも十分でしょ!

…しかし、なんか悔しい。

リサイクルショップの店員にはきっと

「さっきの客、安さと量につられて買ってったぜ。一番大事なものが壊れてるのにね。」

って、笑い者にされてるだろうし。
そう、思うとなんか余計に悔しくなって…

分解してみた。

してみたのはイイけど、これといっておかしな点があるわけでも無い。

テスターも無いから、電池の電圧を測れないし…なぜ開けたのか。
とりあえず基盤を綺麗に掃除して、元の姿へ。

もちろん直るわけ無い。


似た様な仕組みのアンパンマンペンでタッチしてみたけどやっぱりダメ。(…当たり前か。)

ということで、電気屋さんの叔父のトコに修理に出します( ´ ▽ ` )ノ

元気になって帰って来てねー★